薬剤師派遣と薬剤師バイト

薬剤師として正社員以外で働く際には、アルバイトやパートタイムが思い浮かぶのではないでしょうか?
特に非常勤、パートタイムなど時間的に少ない時間や少ない日数で働く場合、薬剤師バイトやパートの選択がほとんどですよね!

 

しかし、同じような働き方でも派遣という働き方もあります。薬剤師や医療関係の派遣紹介は、好条件、高時給の求人紹介も多くあり、たくさんの条件から求人紹介が可能です。
例えば、短期や単発の薬剤師求人など普通では中々探すことが出来ない求人も派遣なら紹介可能なケースも少なくありません。

 

また、同じような条件の薬剤師求人などの場合でも時給が有利なことも少なくなく、派遣薬剤師としての働き方も魅力があります。

 

まず、派遣とアルバイトやパートタイムでの働き方の違いと言えば、雇用契約だと思います。
派遣薬剤師の場合、雇用契約は、就業先の企業や会社、店舗ではなく派遣会社と結ぶことになります。このことが不安だと思われる方も多いようですが、薬剤師派遣の紹介している派遣会社のほとんどが福利厚生などを受けることが出来ます。

 

次にアルバイトやパートで薬剤師として働く際には、雇用契約は、就業先の企業、会社、店舗になります。この際、アルバイトやパートでも福利厚生が受けることが出来る場合と出来ない場合があります。働く時間や日数で福利厚生のなどの加入などは違ってくることがほとんどですが、福利厚生は有るに越したことはありません。

 

派遣薬剤師、バイト薬剤師として働くにしても条件や給料、福利厚生などが納得できることが重要で、同じような条件、時間、日数の働き方でも派遣やアルバイト、パートなど雇用が違うので、どの条件で働くのがあなたの働き方に有利なのかをいろいろ調べてみるのも良いと思います。
薬剤師求人サイトの中にも派遣、アルバイト、パート紹介が可能なサービスも多数あるようですので、そのようなサービスなら簡単に比べることも可能です。